クリスマスプレゼント 中学生の息子に最適2016

13

 

学問に王道なしですね。

 

これ単体の言葉がある程です。

 

ボクは本屋が好きでよく本屋に行くのですが、
本屋にはすぐにできる、一種間で変われる、身につく
っと言ったその類のタイトルの本がよく目につきます。

 

しかし、簡単に身につける方法ってあるのかな?

 

やはり物事を身につけるには、
一定以上の勉強って必要です。 

 

色々な状況を考える事ができて深い答えが導き出せる、
必要な正しい判断をすることができるのだと思います。
なので、理解するには、
また身につけるには個人差はあると思いますが、
ある程度の勉強は必要だと思います。

 

一方で知識を最大限生かす手段として、
ノウハウって言うものが存在します。

 

これを知っているか知らないかで、
結果が大きく分かれるものですね。

 

結果を求める時に、対策って必要です。
例えTOEICで良い点をとると言う目標を立てて
その対策した場合、
その対策した人の方が、
対策していない英語がその人よりもずっとずっと
上手に話せる人よりも高い点数を摂る事ができるでしょう。
人生レベルで見ても、ゴールが定まっていれば、
それにのみ通じるノウハウってものは存在します。

 

 

 

物には程があると言う言葉があります。

 

限度を考え、度を超えないよう慎むことが
大事と言った戒めの言葉です。

 

 

これは日本的でな考え方ですね。
日本では出る杭は叩かれます。
平らにしたがります。
皆同じレベルに整った状態が美しいとされます。

 

でもこれがボクは日本経済の低迷に繋がっていると
思っています。
アメリカの社会は色々な人種が混ざっているせいか、
異端を異端扱いしていませんよね?
そして誰かの小さな失敗なんて気にしません。
だから大胆な発見が生まれやすいです。

 

でも日本は異端を排除しようとします。
そして失敗した者に次を与えません。
これでは革新的なアイデイアを形にしづらいです。

 

だから、何か新しい事をしたい人、
何か革新的な事をしたい人、秀でたいと思っている人は、
日本はこのような文化であると言う事も考慮し、
人付き合い、表現方法なども気を使う必要があります。
自分を表現できる環境作りの為にそれを頑張ってみて
ください。

 

ダメそうなら英語のスキルを習得して
渡米してしまいましょう!

 

 

クリスマスプレゼント楽しみですね。
僕も小学校の頃クリスマス前によくお母さんにおもちゃ屋さんに連れて行ってもらいました。
おもちゃ屋さんのショーケース、キラキラ輝いていました。